PR:

伊藤隼 能見から三塁打!守備でもフェンス激突し好捕

紅白戦の初回無死、阪神・伊藤隼は能見から三塁打を放つ

阪神紅白戦 紅組0―5白組
(2月23日 宜野座)
 こちらもドラフト1位の本領発揮だ。阪神・伊藤隼が白組の「1番・中堅」で先発出場。初回の第1打席で開幕投手最有力の能見から右翼フェンス直撃の三塁打をぶちかました。

 「思い切り、思い切りです。たまたまです」。初球の141キロの直球を叩いた。攻撃的だったのはバットだけではない。5回、中堅から左翼に移ると、左中間を襲ったブラゼルの大飛球をフェンスにぶつかりながら好捕した。「捕れたのは良かったけど、もう少し余裕を持って捕らないと」。慶大1年の夏。ブラジル遠征中に、中堅守備でフェンスに激突し、左肋骨を骨折した。大ケガを経験しているにもかかわらず、恐れることはなかった。25日からは5日間で3試合の実戦が組まれており、その相手すべてがセ・リーグ。隠すことなど何もない。自らの力を誇示し続けるのみだ。

[ 2012年2月24日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月17日15時〜16時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム