【ラジオNIKKEI賞】シリウスコルト 小回り実績十分、宗像師「うまく先行できれば」

[ 2024年6月26日 05:18 ]

 シリウスコルトが皐月賞14着から巻き返しを狙う。その前走は勝ち馬が早めにスパートをかけて追走が苦しくなった。

 宗像師は「ペースが速かったし馬場が合わず、のめっていました」と敗因を口にした。芙蓉S勝ちに弥生賞ディープインパクト記念3着と小回り実績は十分にある。「馬体も良くなってきているし、気持ちの面も落ち着きが出てきました。うまく先行できれば」と力を込めた。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2024年6月26日のニュース