【ラジオNIKKEI賞】サトノシュトラーセ 発馬がポイント、陣営「長くいい脚を使える」

[ 2024年6月26日 05:18 ]

 サトノシュトラーセは前走青葉賞が4着。勝負どころで内から寄られる不利がありながら、じわじわと伸びてきた。大江助手は「流れも向かなかったです。もっとやれると思っています」と前を向く。

 火曜朝はCWコースへ。「使うごとに良くなってきています。やりたい調教ができて、きっちり仕上がるかなという感触です」と順調さを伝えた。初の福島には「スタートを決めたい。そうすれば道中の追走も良く、長くいい脚を使えるので」と発馬をポイントに挙げた。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年6月26日のニュース