【関東オークス】アンデスビエント逃げ切り 田口貫太とともに初重賞制覇

[ 2024年6月12日 21:45 ]

関東オークスを逃げ切ったアンデスビエント
Photo By スポニチ

 中央交流の3歳牝馬限定重賞Jpn2「第60回関東オークス」が川崎競馬場で行われた。1番人気のアンデスビエントが逃げ切り優勝。手綱を取った田口貫太(20)とともに重賞初制覇を果たした。

 ゴールの瞬間、ステッキを握った右手でガッツポーズをつくった田口。初めてのタイトル奪取に表彰台で笑顔がはじけた。

 「重賞初制覇は素直にうれしいです。1番人気の馬を任せてくれた関係者に感謝です」

 ハキハキとしたしっかりした受け答え。その口ぶりのように騎乗っぷりもパーフェクトといえるものだった。

 好スタートを決めると迷わずハナへ。3コーナーで百戦錬磨の御神本が乗ったミスカッレーラからプレッシャーをかけられるが、自分のペースを守って直線を向いた。

 そこからは馬の力が違った。左ステッキ、持ち替えて右ステッキを繰り出すと、あっという間に突き放し、7馬身差をつけてゴールした。

 「ナイターは苦にしていなかったが物見をしていた。それでも最後は集中して走ってくれた。これから先が楽しみ」と田口。

 現役時8勝を挙げた「母アンデスクイーンのように活躍してほしい」と将来に目を向けた西園正師。この1勝がジャンピングボードとなりそうだ。

 ◇アンデスビエント 父ドレフォン 母アンデスクイーン(母の父タートルボウル) 牝3歳 栗東・西園正都厩舎 馬主・グリーンファーム 生産者・北海道安平町のノーザンファーム 戦績6戦3勝(南関東1戦1勝) 総獲得賞金5440万円。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月12日のニュース