騎手・藤岡康太さんの合同葬で、武豊が涙の弔辞「あなたのことを忘れません」

[ 2024年4月15日 16:18 ]

<藤岡康太さん・合同葬儀> 泣きながら弔辞を読む武豊騎手 (撮影・亀井 直樹) 
Photo By スポニチ

 JRAの騎手で6日の落馬事故により10日に亡くなった藤岡康太さん(享年35)の日本中央競馬会・日本騎手クラブによる合同葬が15日、栗東トレーニングセンターの厚生会館本館体育館(滋賀県栗東市)で営まれた。

 日本騎手クラブの会長を務める武豊(55)は「康太の遺影を前にして、胸が締めつけられる思いです。君の思いを背負って、今後も乗っていきます。われわれはあなたのことを忘れません。康太、ありがとう。そして、お疲れさまでした」と涙を浮かべながら、言葉を絞り出した。

続きを表示

この記事のフォト

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年4月15日のニュース