JRA通算500勝ジョッキー、松田大作が引退「メンタルを維持できなくなり決意」

[ 2023年12月18日 11:19 ]

松田大作(22年4月撮影)

 JRAは18日、松田大作(45=栗東・フリー)から騎手免許の取消申請があり、17日付で騎手免許を取り消したと発表した。97年3月にデビューし、JRA通算500勝(うち重賞4勝)をマークしている。

 ▼松田 今まで27年間、騎手として仕事をさせていただき、本当にありがとうございました。支えてくださった関係者の皆さま、ファンの皆さま、本当に感謝しています。突然となりましたが自分の中では何年も前から考えていたことで、騎乗馬を思うように動かせなくなってきたことや思うような結果を出せなくなってきたこと、年齢を重ねて体重の調整が難しくなってきたこと、また、シンプルに騎乗依頼が減ってきたことでメンタルを維持できなくなり、引退を決意しました。27年間、本当にありがとうございました。

 ◇松田 大作(まつだ・だいさく)1978年(昭53)9月13日生まれ、鹿児島県出身の45歳。97年、栗東・崎山厩舎所属で騎手デビュー。同期に武幸四郎師、秋山真一郎、勝浦正樹、武士沢友治らがいる。JRA通算8924戦500勝、うち重賞は15年ファルコンS(タガノアザガル)、クイーンS(メイショウスザンナ)、21年エルムS、22年東海S(いずれもスワーヴアラミス)の4勝。1メートル68、53キロ。血液型O。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2023年12月18日のニュース