【桜花賞】AI予想 サトノレイナス本命!過去3戦の内容を高く評価

[ 2021年4月11日 05:30 ]

AI予想の桜花賞指数
Photo By スポニチ

 牝馬クラシック1冠目の桜花賞は阪神JF2着からの臨戦となる(18)サトノレイナスが◎となった。指数86は2番手以下を大きく引き離しており、過去3戦の内容が極めて高く評価された形。休み明けで大外枠でも主役不動との予測が出た。3連勝でクイーンCを制した超良血馬の(5)アカイトリノムスメが指数2位(75)で〇。(8)メイケイエール(同74)が▲で続く。無敗の2歳女王ソダシは意外に指数が伸び悩み(63)、△止まり。買い目は◎から〇▲☆と△2番手まで流す5点に、タテ目を〇▲のみ押さえる6点を推奨している。

 ◆SIVA(シヴァ) スポニチがGAUSS(ガウス)社と共同開発した競馬予測AI。PCウェブ版とスマホアプリ版があり、毎週末に新馬・障害を除く全レース予想を公開中。過去のレースデータから算出する指数(100点満点)を基に予想する。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年4月11日のニュース