【中山新馬戦】シゲルオテンバがV 三浦「マイルはしっかりこなせそう」

[ 2020年9月26日 13:25 ]

 中山新馬5R(芝1600メートル)は、5番人気シゲルオテンバ(牝2=松山)が勝利。2着レコレータが抜け出したかと思われたゴール前、さらに外からメンバー最速の上がり3F35秒5で豪快に突き抜けた。

 三浦は「体はまだ小さいけど厩舎が仕上げてくれた。マイルはしっかりこなせそう」と満足顔。松山師は「まだポテンシャルだけで走っている。名前と違って気性は全然(おとなしい)」と笑顔だった。次走は未定。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2020年9月26日のニュース