【新潟新馬戦】ペルラネーラ ディープの切れ「距離が合いそう」

[ 2019年8月30日 05:30 ]

 土曜新潟5Rの注目はディープインパクト産駒のペルラネーラ(牝=国枝)。約1カ月かけて坂路で入念に乗り込まれ、最終追いも4F53秒5で3馬身先着と素軽い動きが光る。「ディープらしい切れ味があって、いい素質を感じる。順調に乗り込めたし、ゆったり走れる距離が合いそう」と国枝師。全兄ヘリファルテは4勝、ブレステイキングは3勝と母系も堅実で、陣営の期待も大きい。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2019年8月30日のニュース