【ダービー卿CT】スピリタス逆襲へ“自信アリ”

[ 2011年4月1日 06:00 ]

坂路を駆け上がるスピリタス

 阪神日曜12R・ダービー卿CTでスピリタスが重賞初制覇を目指す。木曜追いは坂路。混雑する開門直後で他厩舎の馬と前後する形で4F52秒6~1F12秒4。「結果として併せ馬みたいな感じになったね。時計も出ているし走れる状態にある」と岡田師は出来に及第点。久々に関して「休み明けではこれまで気負って走ることがあった。割り引きは必要かな」と常識的な返答をした後、すかさず「でも状態が悪いわけではないからな」と注釈を入れた。うなるような気配で自信ありとみた。

 「能力は重賞級」と岡田師が断言する器。だが昨秋のキャピタルSでは、意外なほど伸び切れず11着に敗退した。「あんな競馬は初めて。内面的な疲れがあったのかもしれない」とリフレッシュを決断、しっかり立て直して臨む一戦。阪神マイルは4戦3連対と好相性だ。出走賞金決定順も登録当初27番目だったのが、賞金上位馬の回避で出走可能に。見逃せない追い風も吹いている。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2011年4月1日のニュース