サブカテゴリー

スバルが燃費、排ガス不正 「品質に影響なし」

 SUBARU(スバル)は2日、新車を出荷する前に工場で実施する最終検査で、燃費や排ガスのデータを改ざんする不正があったと発表した。改ざん前の数値も基準値に収まっており、車両の品質に影響はないと説明した。昨年発覚した無資格検査に続く不正でスバルへの信用が一段と低下するのは必至だ。

 吉永泰之社長(63)は東京都内で記者会見し「基準値内の書き換えであっても問題で、大反省しなければならない」と述べた。不正の原因や対象台数など詰めの調査を進めており、結果がまとまり次第公表する。

[ 2018年3月2日 17:22 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      クイックアクセス

      CARトピックス

      F1

      東京モーターショー

      【楽天】オススメアイテム