×

恒成 宣言通りKOで再び世界へ完全復活!井岡との再戦「決まった試合を戦って絶対に取ります」

[ 2022年6月30日 05:30 ]

WBOアジア・パシフィック・スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦   ○同級1位 田中恒成《5回2分52秒TKO》王者 橋詰将義● ( 2022年6月29日    東京・後楽園ホール )

5回、橋詰(左)をロープ際に追い詰め仕留める田中(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 元世界3階級王者の田中恒成(27=畑中)がWBOアジア・パシフィック・スーパーフライ級王者の橋詰将義(28=角海老宝石)を5回2分52秒、TKOで破り同王座を獲得した。宣言通りのKO快勝に畑中清詞会長は世界4階級制覇再挑戦にゴーサインを出した。

 宣言通りのKOで畑中会長から世界再挑戦へのお墨付きをもらった田中は頬を緩める。「会長に“差を見せつけろ”と言われていたので」。初回は手数を抑え、自身より身長が5センチも高いサウスポーとの距離を測った。2回以降はプレスをかけると右ストレート、左ボディーを起点に多彩な連打で圧倒した。

 20年大みそかの4階級制覇失敗後、昨年12月に元日本王者の石田匠(井岡)を下して再起。ただ、守備からの組み立てを意識した内容はジャッジ3者とも2点差以内の判定2―1。「試合で弱くなっていた」。今春に約2カ月間の米ラスベガス合宿で、井岡一翔ら多くの世界王者とコンビを組むイスマエル・サラス氏に師事し、本来の攻撃的スタイルで底上げを図った。「自分はディフェンスも完璧なボクサーではないけど、これからも攻めまくる」。自分のあるべき姿を取り戻した。

 現在、世界ランクはWBO3位、IBF5位につけており、陣営はこの2団体を軸に交渉を進める方針。20年大みそかに4階級制覇を阻止された、WBO王者の井岡一翔(志成)と再戦の可能性もある。田中は「決まった試合を戦って絶対に取ります」と言葉に力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年6月30日のニュース