×

魔裟斗 朝倉未来にとってメイウェザー戦は厳しい戦い予想も「ダウン取ったら凄い。100億選手になる」

[ 2022年6月16日 20:19 ]

魔裟斗
Photo By スポニチ

 元K―1世界王者でタレントの魔裟斗(43)が16日、自身のYouTubeチャンネルを更新。9月某日に決まった格闘家の朝倉未来(29=トライフォース赤坂)とプロボクシング元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(45=米国)との一戦について展開予想も含めて言及した。

 魔裟斗はこの試合が決まる前から噂でこのカードが実現する可能性があることは聞いていたようだ。5月にメイウェザーが戦ったドン・ムーアとの8回のエキシビジョンマッチを見て2015年に現役引退して7年間は全く練習してないわけでなく練習はしている様子がわかるという。「多少のマススパーとかスパーもやってたかもしれないしね。現役を離れて全くやってなかったわけではないからなかなか未来くんにとっては厳しい戦いになるんじゃない」と話した。

 未来は自身のYoutubeチャンネルで「格闘家でこのオファーが来て断る奴はいないでしょ」と語っていた。魔裟斗も「ビッグチャンスには変わりないよね。メイウェザーは世界的なビッグネームだからね。世界が知っているから。それに挑戦してもし万が一ダウンなんか取っちゃったら凄いことだよね」ともしメイウェザーからダウンを奪えば未来の言う通り世界に名前が売れて世界中から未来の対戦オファーが届くことは間違いないと語った。

 しかし「現役を辞めて全く格闘技の練習をやってなかったら無理。メイウェザー自身も自分のジムを経営しながらちょこちょこトレーニングやってたから一気に衰えないわけよ。なかなか強いだろうね」と現役時代50戦50勝でビッグネームのボクサーたちを完封してきたメイウェザーの牙城を崩すのはかなり難しい。

 今回の試合は未来の方が体も大きくパワーもある。「俺はミットを持ったから分かるんだけどパンチ力はめちゃめちゃある。あのパンチが当たったら効く可能性はあるだろうけどメイウェザーも本気になっちゃうよね。パッキャオのスピードでさえ当たらなかったからね。そのメイウェザーにパンチを当てるのは難しいと思う」とメイウェザーにパンチを当てるのは難しいという。

 「パンチを振り回しても多分足で裁かれると思う。1Rはメイウェザーも警戒して見てくると思うから多分未來くんは勝負に出るじゃない。そこでメイウェザーは未来くんのいろいろを感じるわけよ。”ある程度実力があるな”と思ったら結構強めに来るからね。朝倉未来も本気で倒しにいくだろうからそれを感じて危険と思ったらメイウェザーも本気になっちゃうからね」とこの試合が未来にとって世界を知るきっかけなるかもしれないと語った。

 そして「ボクシングの手だけの本当の専門職の人にその専門職で戦いに行くのはちょっと無謀だなとは思うよね。MMAだから強いんだからね。競技が別物。でも楽しみだね」と試合展開の予想を締めた。

 最後に「(未来は)KO負けするリスクもあるわけだからね。結構厳しいと思うよ。KO負けしたシーンとかが流れたら格闘家として結構マイナスだよ。でもメイウェザーからダウンを取ったら凄いし、朝倉未来の名前が世界で引っ張りだこになって100億円選手になっちゃうね」とハイリスクハイリターンの試合になると話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年6月16日のニュース