×

TKO防衛後に病院直行の平岡アンディ、検査結果は異常なし…大橋会長「一安心」

[ 2022年3月1日 11:53 ]

平岡アンディ
Photo By スポニチ

 プロボクシングWBOアジア・パシフィック&日本スーパーライト級タイトルマッチ12回戦(2月28日、後楽園ホール)で初防衛に成功後、体調不良を訴えて病院へ直行した2冠王者・平岡アンディ(25=大橋)について、大橋ジムの大橋秀行会長が1日、容体や検査結果を報告した。

 大橋会長は「点滴で回復してる。血液検査も異常なく、脱水症状だと思うので、一安心」と報告。1日午前にも再検査を受け、異常はなかったという。

 平岡は前日、WBOアジア・パシフィック同級8位、日本同級1位のアオキ・クリスチャーノ(33=角海老宝石)と対戦し、10回に強烈な左カウンターでTKO勝利を飾ったが、リング上での写真撮影後に倒れ、スタッフに両肩を抱えられて退場。脱水症状の疑いで病院に直行していた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年3月1日のニュース