尚弥「とっとと実現させて」ドネアVSカシメロが再浮上、早急な決着求む

[ 2021年9月18日 05:30 ]

井上尚弥(AP)
Photo By AP

 プロボクシングのWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(28=大橋)が17日、自身のツイッターを更新し、4団体統一実現への思いを記した。

 井上は次戦でWBC王者ノニト・ドネア(38=フィリピン)か、WBO王者ジョンリール・カシメロ(32=フィリピン)との統一戦を希望しているが、8月に、一度はキャンセルとなったドネアとカシメロが対戦する計画が再浮上した。交渉が長引くと、井上自身の構想にも影響するだけに「ドネアとカシメロは12月にやるならとっとと正式に決定させて実現させてほしい」と早急な決着を求めた。

 さらに「4団体統一が遠のくのは勘弁」とし「でなければ1人ずつ戦ったっていい」と続け、野望実現へ強い決意を示した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年9月18日のニュース