元世界王者の妹、山中菫がデビュー2連勝 兄の“かたき討ち”目指し、いずれは世界へ

[ 2021年4月4日 12:50 ]

山田夏冴(右)を判定で下し、デビュー2連勝とした山中菫(左)
Photo By スポニチ

 プロボクシングの元WBO世界ミニマム級王者・山中竜也さん(25)を兄に持つ山中菫(19=真正)が4日、大阪・堺市産業振興センターでアトム級4回戦に臨み、判定2―0(40―36、39―37、38―38)で山田夏牙(24=セレス)を下し、デビュー2連勝とした。

 サウスポー対決で、右利きの山中はボディーにもジャブを入れつつ、左ストレートをヒットして主導権を握った。相手はこれがデビュー戦ながら、アマ経験があって守備も堅く一方的な展開にはならない。最終4回はカウンター気味の左をもらい、ひやりとする場面もあった。

 「ダメダメですね。(身長差がある相手に対し)練習してきたことを出せなかった。もっと力をつけて、面白い試合をしたい」

 本人が反省する隣で、応援に駆けつけた兄・竜也さんは「普通に良かったと思いますよ。最後は怖かったけど前半は足も動いていた」と励ますように試合内容を振り返った。

 兄は18年7月のV2戦に敗れた後、硬膜下血腫が判明し、23歳の若さで引退を余儀なくされた。山中はこれにショックを受け、小5から始めた競技を一時離れた。しかし、兄が世界を獲った際の映像などを見るうちに「自分も世界のベルトを巻きたい」と情熱が再燃。20年7月にプロテスト合格し、同12月にデビューした。

 竜也さんは大阪の繁華街・北新地で飲食店を営む。もちろん機会をみつけて妹へ的確なアドバイスを送る。「僕がトレーナーに向いてない。教えられない」。きょうだい二人三脚で世界を目指すことを否定したものの、最強の応援団長であることは間違いない。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年4月4日のニュース