タトゥー露出の井岡一翔は厳重注意処分 JBC側も不手際認める

[ 2021年1月22日 15:00 ]

井岡一翔
Photo By スポニチ

 日本ボクシングコミッション(JBC)は22日、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(31=Ambition)を厳重注意処分にしたことを発表した。処分は1月21日付。

 井岡は、昨年大みそかに田中恒成(畑中)と2度目の防衛戦で左腕のタトゥーが露出した状態のまま試合を続行。このことがJBCルール第95条2号に抵触するとして、問題視されていた。Ambitionジムの木谷卓也会長も同様に厳重注意処分とした。

 JBCの安河内剛事務局長は「JBCにおいても管理を徹底すべきであった」と不手際を認め、対応策として「今後は、同様なケースにおいては、JBC指定の塗布剤を使用させるか、指定業者による塗布施術を受けてもらうなどの手当てを考えていきたい」とした。一方で「今回、入れ墨(タトウー)についての様々なご意見をいただいたが、現時点でJBCルールを変更することは考えていない」としている。

 JBCルール第95条(欠格事由)の2号には「入れ墨など観客に不快の念を与える風体の者」とあり、過去には外科手術などで入れ墨を消してリングに上がったボクサーもいるが、現在はファンデーションやパウダーなどで隠せば、出場は認められている。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年1月22日のニュース