井上尚弥 パウンド・フォー・パウンド3位にランクアップ ロマチェンコは6位に

[ 2020年10月23日 05:30 ]

WBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチ   統一王者 井上尚弥 《12回戦》 WBA2位・IBF4位 ジェーソン・モロニー ( 2020年10月31日    米ラスベガスMGMグランド )

トップランク社のジムで初練習を行った井上尚弥(大橋ジム提供)
Photo By 提供写真

 井上尚弥の試合を米国で中継する米スポーツ専門局「ESPN」が、最新のパウンド・フォー・パウンド(PFP)を発表。井上は前回の4位から3位にランクアップした。

 PFPは階級を超えて強さをランキングしたもので、ライト級4団体王座統一戦でロペス(米国)に敗れたロマチェンコ(ウクライナ)が1位から6位に落ち、井上が繰り上がった。井上は米ボクシング専門誌「ザ・リング」のPFPでも2位にランクされている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年10月23日のニュース