井上尚弥、次戦正式発表!10・31ラスベガスvsJ・モロニー

[ 2020年9月9日 14:00 ]

10月にラスベガスで防衛戦を行うことが決まった尚弥
Photo By スポニチ

 プロボクシングのWBA&IBF統一世界バンタム級王者・井上尚弥(27=大橋)が9日、横浜市内の大橋ジムからオンラインで記者会見を開き、10月31日(日本時間11月1日)に米ネバダ州ラスベガスのMGMグランドでWBA同級3位、IBF4位のジェーソン・モロニー(29=オーストラリア)と対戦すると発表した。WBA4度目、IBFは2度目の防衛戦となる。

 井上は4月25日にWBO同級王者ジョンリール・カシメロ(31=フィリピン)と3団体統一戦を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の世界的流行のため延期に。新たな日程での開催を模索したものの、交渉が難航し、代わってモロニーとの“ハロウィーン対決”が決まった。

 モロニーはWBO1位、WBCでも4位と主要4団体全てでトップ5に入る強豪で、双子の兄弟アンドリューは前WBA世界スーパーフライ級王者。戦績は21勝(18KO)1敗で、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメントでは初戦でエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に判定負けし、プロ初黒星を喫したが、再起後は4連勝中。直近では今年6月にレオナルド・パエス(メキシコ)に7回TKO勝ちしている。

 19戦全勝(16KO)の井上にとってはノニト・ドネア(フィリピン)と死闘を演じたWBSS決勝から約1年ぶりの試合。米国のリングは17年9月のアントニオ・ニエベス(米国)戦(カリフォルニア州カーソン)以来、3年ぶり2度目の登場となる。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年9月9日のニュース