「オレが覇者で王者だ!」EVILが内藤を破り2冠 新日本プロレス、政権交代宣言で暗黒時代の予感

[ 2020年7月13日 05:30 ]

IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権   内藤哲也ーEVIL ( 2020年7月12日    大阪城ホール )

内藤(左)に勝利し、新チャンピオンとなったEVIL
Photo By 提供写真

 新日本プロレスのIWGPヘビー級、同インターコンチネンタルのダブル選手権が12日に大阪城ホールであり、EVILが王者・内藤哲也を破り、2冠を手にした。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために「大声は御法度」のはずのファンからブーイングが響くほどEVILが悪逆の限りを尽くした。前日までの同志の膝を、折りたたみ机に打ち付け、天板を破壊。新しい仲間が入れ替わり乱入して加勢した。

 ラストは必殺技「EVIL」からの片エビ固め。内藤を裏切り、ベルト2本も奪った。「オレが覇者で王者だ」との政権交代宣言は、暗黒時代到来を予感させた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「木村花」特集記事

2020年7月13日のニュース