王者・井上浩樹負傷で日本タイトル防衛戦延期

[ 2020年2月12日 21:35 ]

昨年7月、日本スーパーライト級王座防衛に成功した井上浩樹
Photo By スポニチ

 大橋ボクシングジムは12日、3月16日に東京・後楽園ホールで予定されていた日本スーパーライト級タイトルマッチが5月28日に延期になったと発表した。王者・井上浩樹(27=大橋)の負傷のためとしている。同級1位の永田大士(30=三迫)と対戦する。

 浩樹はWBA&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26=大橋)、元WBC世界同級暫定王者・井上拓真(23=大橋)兄弟のいとこで、昨年12月にはWBOアジアパシフィック・スーパーライト級王座も獲得。今回は日本タイトルの2度目の防衛戦。 

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年2月12日のニュース