蝶野正洋 ノムさん悼む「プロフェッショナルな方だった」

[ 2020年2月12日 05:30 ]

デビュー35周年にちなんだ3大プロジェクトを発表した蝶野正洋
Photo By スポニチ

 プロレスラーの蝶野正洋(56)が11日、都内でデビュー35周年プロジェクトの発表会見に出席し、亡くなった野村克也さんを追悼した。

 「アントニオ猪木さんのパーティーで何度かあいさつしました」といい「野球をしている時の野村さんは、クレバーで厳しい顔をしていますが、プライベートでは全然違う。プロフェッショナルな方だったんだなと思います」としのんだ。

 会見では、初の自叙伝の発売、ユーチューブチャンネルの開設、防災イベント開催の3大プロジェクトが発表された。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2020年2月12日のニュース