拳四朗 対戦相手アルバラードがキャンセル申し入れも「モチベーション落とさず頑張る」

[ 2019年11月21日 05:30 ]

WBC世界ライトフライ級王者・拳四朗
Photo By スポニチ

 来月23日にWBC世界ライトフライ級王者・拳四朗(27=BMB)と統一戦を行う予定だったIBF世界同級王者フェリックス・アルバラード(30=ニカラグア)が試合キャンセルを申し入れたことが分かった。

 米メディア「ボクシングシーン.com」が報じた。「気管支の問題」としている。拳四朗にとっては7度目の防衛戦で念願の他団体王者との統一戦。アルバラード陣営は日程を延期しての対戦を希望しているが拳四朗は自身のSNSに「他の人と試合はあると思うのでモチベーション落とさず頑張ります」と投稿。代替選手を探すことになりそうだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2019年11月21日のニュース