リナレス復帰戦 4年9カ月ぶりの国内マッチ「もう一度チャンスが欲しい」

[ 2019年9月7日 05:30 ]

計量をクリアしたホルヘ・リナレス(左)と対戦相手のアル・トヨゴン
Photo By スポニチ

 3階級制覇王者のホルヘ・リナレス(ベネズエラ、帝拳)が7日、アル・トヨゴン(フィリピン)とノンタイトル10回戦に臨む。国内のリングは4年9カ月ぶり、後楽園ホールでの試合は12年7カ月ぶりとなる。

 昨年5月にワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に敗れ、WBA世界ライト級王座から陥落。「一番のゴールはロマチェンコとやること。もう一度チャンスが欲しいね」と再戦を熱望した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年9月7日のニュース