粉川TKO負け…声詰まらせて「恩返ししたかった」

[ 2019年8月24日 05:30 ]

洋太平洋フライ級タイトルマッチ12回戦   ○(王者)ジェイアール・ラクイネル《8回57秒TKO》 (同級4位)粉川拓也● ( 2019年8月23日    東京・後楽園ホール )

8回TKO負けし、控え室で号泣する粉川
Photo By スポニチ

 粉川は8回TKO負けを喫し、王座獲得を逃した。1回に一瞬の隙を突いたワンツーでダウンを奪ったものの、その後はラクイネルの圧力に防戦一方。8回に左フックを浴びて倒れ、後頭部を強打。レフェリーストップとなった。

 控室に戻った34歳のベテランは「最高の環境でボクシングをさせてもらって感謝しかない」と号泣。昨年12月に移籍。「角海老ジムじゃなかったら続けられなかった。恩返ししたかった」と声を詰まらせた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年8月24日のニュース