村田との再戦条項、ブラントが権利行使 ESPN報じる

[ 2019年7月20日 05:30 ]

12日、WBA世界ミドル級タイトルマッチを終えて、ブラント(右)と健闘を讃え合う村田(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 米スポーツ専門局ESPNは18日、12日に行われた世界ボクシング協会(WBA)ミドル級タイトルマッチで村田諒太(帝拳)に敗れた前王者ロブ・ブラント(米国)が契約に含まれていた再戦条項の権利を行使すると報じた。

 ブラント側のプロモーターが明らかにした。日時と場所は未定という。昨年10月の初対戦ではブラントが勝利しており、実現すれば3度目の対戦となる。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年7月20日のニュース