田口、胸囲3センチUP!1階級上げても「フィジカルで押す」

[ 2019年3月14日 05:30 ]

WBO世界フライ級タイトルマッチ   王者・田中恒成《12回戦》同級4位・田口良一 ( 2019年3月16日    岐阜メモリアルセンター )

予備検診を受ける田口(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 予備検診が都内で行われ、挑戦者で元WBA&IBFライトフライ級統一王者の田口は身長、リーチで王者・田中を上回った。特にリーチは9・5センチ差と大きいが、田口は「近い距離での打ち合いだと、そんなに差が出る試合にはならない」と予想。一方で昨年5月のブドラー戦から3センチ増えた自身の胸囲には手応えを感じている。

 階級を上げ、水分を多めに摂取する減量法に変えた効果もあって「普通は階級を上げるとパワー不足になるけど、それがない。フィジカルで押していければ」と強気に話した。

 ライトフライ級時代は試合1週間前から空腹と渇きで目が覚め、2~3時間しか眠れない夜が続いた。今回は十分な睡眠がとれ、渡辺均会長も「顔色が全然違う」と体調の良さに太鼓判を押す。対戦相手と別会場で予備検診を行ったのは10度目の世界戦で初めて。「新鮮だけど、特に気にはならない」と意に介さず。「試合で思いを爆発させたい」と静かに闘志を燃やした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年3月14日のニュース