五輪目指す元世界王者の高山 アマ国内強化合宿初参加

[ 2019年3月2日 05:30 ]

ボクシングの強化合宿に初参加し、練習後に取材に応じる高山
Photo By 共同

 プロボクシングの元ミニマム級世界王者で、東京五輪出場を目指す35歳の高山勝成(名古屋産大)が東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで始まった国内のトップ選手が集まる強化合宿に初参加した。

 「一日一日を大事に過ごしていきたい。さあスタートという気持ち」と意気込んだ。合宿には約40人が参加。この日はフットサルなどで汗を流した。今月に予定されていたアジア選手権代表選考会は中止となり、アマチュア初実戦は未定。高山は昨年10月に日本ボクシング連盟に特例でのアマ登録が認められ、フライ級での五輪出場を目指している。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年3月2日のニュース