テレンス・クロフォード 次回防衛戦が決定間近 4月に元王者アミール・カーンと対戦へ

[ 2019年1月5日 21:15 ]

テレンス・クロフォード (AP)
Photo By AP

 プロボクシングのWBO世界ウエルター級王者テレンス・クロフォード(31=米国)の次回防衛戦が決定間近だという。米国のボクシングサイト「ボクシングニューズ24」が4日に報じた。

 同サイトによると、試合は4月20日(日本時間21日)に米国ニューヨーク州のマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、対戦相手は元スーパーライト級王者のアミール・カーン(32=英国)。プロモーターのボブ・アラム氏は両陣営が合意間近であると明かしているそうだ。

 クロフォードは昨年6月にジェフ・ホーンを下し、WBO世界ウエルター級王座を獲得。10月にはホセ・べナビデスの挑戦を退け、初防衛に成功した。戦績は34戦全勝25KO。米国のボクシング専門誌「リングマガジン」のパウンド・フォー・パウンド(全階級を通じての最強ランキング)では2位と高い評価を受けている。

 カーンはアテネ五輪で銀メダルを獲得した後、2005年にプロ転向。09年にWBA世界スーパーライト級王座を獲得し、11年にはIBF王座も手にして統一王者となった。16年には2階級制覇を狙い、WBC世界ミドル級王者サウル・アルバレスに挑戦するも、6回KO負け。アルバレス戦から約2年後の昨年4月に再起し、目下2連勝としている。戦績は37戦33勝(20KO)4敗。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年1月5日のニュース