村田“成功者”になる!マリナーズ雄星に刺激「タイトル戦やりたい」

[ 2019年1月5日 05:30 ]

シャドーボクシングに汗を流す村田
Photo By スポニチ

 ボクシングの前WBA世界ミドル級王者・村田諒太(32=帝拳)が4日、東京・神楽坂のジムで練習し、「また(世界)タイトル戦がやりたい」と新年の誓いを立てた。

 昨年10月の2度目の防衛戦でロブ・ブラント(米国)に敗れて王座陥落。振り返って「ボクシングに対するハングリーさがなくなっていた」と自身の心理を分析。菊池雄星投手が米大リーグ、マリナーズと最大7年総額1億900万ドル(約120億円)の大型契約を結んだニュースにも刺激を受けた。「日本のボクサーとしては成功したかもしれないけど、アスリート全体で比べたら成功の部類には入っていない。どうせなら上を目指さないと」。原点回帰、そして王座奪回へ。村田の逆襲が始まる。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2019年1月5日のニュース