京口紘人 V2戦“昼対策”着々「生活リズム本番に合わせる」

[ 2018年5月6日 05:30 ]

IBF世界ミニマム級タイトルマッチ   王者・京口紘人≪12回戦≫IBFライトフライ級15位ビンス・パラス ( 2018年5月20日    大田区総合体育館 )

撮影でポーズをとる京口紘人
Photo By スポニチ

 IBF世界ミニマム級王者・京口紘人(24=ワタナベ)が“昼対策”をスタートさせた。V2戦は異例の昼開催。5日は通常より2〜3時間早い午後4時から練習を開始、前日には午後3時から12ラウンドのスパーリングを行ったことも明かした。

 アマ時代にも昼の試合は経験しているが、「1週間前には生活のリズムを全て本番に合わせる」と京口。自身より若い選手との無敗対決を「王者として試される試合」と位置づけており、万全の準備で臨む。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2018年5月6日のニュース