PR:

帝京大リベンジの1位通過 日本人トップ畔上「仕事しました」

第94回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 ( 2017年10月14日    陸上自衛隊立川駐屯地~国営昭和記念公園20キロ )

 帝京大はあと一歩の11位でシードを逃した今年1月の本戦の悔しさをバネに1位通過した。

 今季は選手が寮の部屋にそれぞれの目標を貼るなど意識を高く持って練習に取り組んできた。「60分切りで役割を果たす」と書いた畔上和弥(3年)は日本人全体トップの59分30秒をマークし「仕事しました」と胸を張った。本戦の目標は3位。「今のままじゃ戦えない。もっとレベルアップしたい」と気を引き締めた。

[ 2017年10月15日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月19日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画