PR:

東京国際大、30歳1年生で2年ぶり箱根切符 渡辺「若いやつに負けられない」

第94回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 ( 2017年10月14日    陸上自衛隊立川駐屯地~国営昭和記念公園20キロ )

<箱根駅伝予選会>10位で予選を通過し、笑顔の渡辺(中央)ら東京国際大の選手たち
Photo By スポニチ

 オールドルーキーの夢舞台への道がつながった。東京国際大は10時間10分34秒の10位となり、ギリギリで2年ぶり2度目となる本戦の出場権を獲得。30歳の1年生・渡辺は、チームで9番目のタイムと納得の走りではなかったが、「みんなに助けてもらった」と振り返った。

 四国電力時代の11年に世界選手権5000メートルに出場し、移籍先の日清食品グループを退社して今春入学。指導者になる目標を持ち、人間社会学部で教育心理学などを学ぶ。春先は今より体重が7キロも重い62キロで、負担がかかり右膝を故障。夏合宿前はAチームにも入っていなかったが、予選会に向けて調子を上げてメンバーに入った。経験豊富な30歳は、「おじさんも若いやつに負けられない。スタミナをつけてチームに貢献できるようにしたい」と本番を見据えていた。

 ≪帝京大リベンジの1位通過≫あと一歩の11位でシードを逃した今年1月の本戦の悔しさをバネに1位通過した。今季は選手が寮の部屋にそれぞれの目標を貼るなど意識を高く持って練習に取り組んできた。「60分切りで役割を果たす」と書いた畔上和弥(3年)は日本人全体トップの59分30秒をマークし「仕事しました」と胸を張った。本戦の目標は3位。「今のままじゃ戦えない。もっとレベルアップしたい」と気を引き締めた。

 ≪山梨学院大32年連続出場≫ニャイロ(3年)が57分33秒で個人2位と好走し、32年連続で本戦出場を決めた。上田監督は「ニャイロは夏以降、疲れが取れなくて心配していたけど結構、いいペースで走ってくれた」と安堵の表情。4位での切符のため「A、B、CでいったらAにはまだいっていない」という評価。指揮官の次男・健太主将(4年)は「練習を見直して強化していきたい」と話していた。

[ 2017年10月15日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月15日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画