PR:

ドルトムントのバス爆発 動機は株式操作で利益を上げるためだった!

爆発で窓が破損したドルトムントのチームバス
Photo By AP

 ドイツ1部ドルトムントの日本代表のMF香川真司(28)らが乗ったバス付近で11日に起きた爆発の容疑者として、ドイツ捜査当局は21日にロシアとドイツの二重国籍の男(28)を拘束。犯行の動機について、爆発によってクラブの株価を操作して利益を得る営利目的だった可能性が浮上した。

 当局によると、容疑者は事件の8日前に消費者ローンで資金を調達。事件当日にドルトムントの株式1万5000株(地元報道によると7万8000ユーロ相当=約913万円)を事前に決まっている額で売却する権利を購入した。爆発でドルトムントの選手が負傷するなどして株式が暴落すれば、大きな利益を上げられるスキームだったという。当局によると、利益は最大で390万ユーロ(約4億5630万円)になった可能性があったという。

 容疑者は事前に9〜13日の予約を入れて、チームと同じホテルに宿泊。事件現場を一望できる最上階の部屋から事前に仕掛けた爆発物を遠隔操作で起動した疑いが持たれている。捜査当局は、男が宿泊ホテルでインターネットに接続して株式取引を行った証拠(IPアドレスなど)を既につかんでいるという。

[ 2017年4月21日 17:17 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:06月23日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム

      スペシャルコンテンツ