PR:

長門裕之さんが死去…愛する妻のもとへ旅立つ

死去した長門裕之さん

 数多くの映画、テレビドラマに出演、高い演技力で存在感を見せた俳優の長門裕之(ながと・ひろゆき、本名加藤晃夫=かとう・あきお)さんが21日午後5時20分ごろ、東京都文京区の順天堂医院で死去した。77歳。京都市出身。弟は俳優の津川雅彦さん、妻は2009年に亡くなった女優の南田洋子さん。

 父は沢村国太郎、母はマキノ智子といずれも俳優、祖父も映画監督マキノ省三という芸能一家に生まれた。1940年、6歳のとき映画「続清水港」でデビュー。56年に南田さんと共演した「太陽の季節」で主役の青年を好演、人気を集めた。

 今村昌平監督の「にあんちゃん」や「豚と軍艦」などに主演、悲哀とユーモアを感じさせる演技派として活躍。その後も映画「日本?客伝」シリーズ、「赤ちょうちん」、テレビドラマ「池中玄太80キロ」「おていちゃん」など数々の作品に出演、名脇役として重要な役どころをこなした。

 南田さんとは、おしどり夫婦として知られ、音楽番組「ミュージックフェア」の司会を2人で65年から約16年間務めた。南田さんが認知症であることを2008年にテレビ番組で公表、介護の様子が放送され話題になった。

[ 2011年5月21日 22:44 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:01月21日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル