【チャンピオンズC】安藤勝己氏 セラフィックコール大敗の原因分析「3走前の東京も…」

[ 2023年12月3日 16:23 ]

G1・チャンピオンズカップ ( 2023年12月3日    中京ダート1800メートル )

通算4464勝の元ジョッキー・安藤勝己さん
Photo By スポニチ

 ダート頂上決戦のチャンピオンズカップは、1番人気に支持されたレモンポップ(牡5=田中博)が制し、2月のフェブラリーSとのダブル制覇を達成した。

 中央と地方で通算4464勝の元ジョッキー・安藤勝己氏がレース後、自身のX(旧ツイッター)を更新した。

 2着に追い込んだウィルソンテソーロについて、「馬も良く見せたけど、ミルコの仕掛けに釣られんと原が冷静に脚をタメた。外に出すタイミングがなかなかで、内を通ったドゥラエレーデとテーオーケインズまで差したんやから立派」と高評価。また、連勝が5でストップしたセラフィックコールについては、「中京だと厳しい脚質。3走前の東京も危うかったし、右回りの走りのほうがいい」と分析した。

 ▼チャンピオンズカップ 81年に芝2400メートルのジャパンCが創設され、ダートでもジャパンCに並ぶ国際競走を開催しようという機運が高まり、00年にJRA初のダート中距離G1ジャパンCダートが創設された。07年まで東京で開催され、08年に阪神へ。14年に舞台が中京に移され、現在のレース名に変更された。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2023年12月3日のニュース