琢磨インディ500Vの裏に「ラーメン決起集会」

[ 2020年8月26日 00:30 ]

3年ぶり2度目のインディ500制覇を成し遂げ、オンライン会見に臨む佐藤琢磨

 世界3大レースの一つ、自動車のインディ500で3年ぶり2度目の優勝を果たした佐藤琢磨(43=ホンダ)が25日、日本メディア向けにオンライン会見に臨み、快挙の裏に「ラーメン決起集会」があったことを明かした。

 新型コロナウイルスの影響で、握手やハグ文化が根付く米国でも、メカニックらチームスタッフとの濃厚接触は御法度。そこで年に一度の大舞台へ結束を固めようと、佐藤が企画したのが食事会だった。今回は本番数日前に、自身が乗る30号車担当のスタッフだけに限定し、家族やパートナーらを交えてラーメンを食べたという。「それがあって(車が)速くなったわけではないが、大きな結束力が生まれたと思う。食事会は大きかった」と振り返った。

 実際に愛車は完璧な状態に整い、レース戦略はピタリとハマり、ピット作業もノーミス。「コロナで家族に会えず、いつ自分が感染するとか、恐怖を背負った中でのレースで頑張ろうと。思いを共有するための食事会で、それが日曜日(決勝)で爆発した」と話した。

続きを表示

「F1」特集記事

「東京モーターショー 2017」特集記事

2020年8月25日のニュース