×

森武蔵、1年2カ月ぶり再起戦へ「世界狙えると期待を抱いてもらえる試合を」

[ 2022年7月5日 13:35 ]

森武蔵
Photo By スポニチ

 ボクシングWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(33=志成)の5度目の防衛戦のアンダーカードに出場する堤駿斗(22)、比嘉大吾(26)、森武蔵(22)の3選手が5日、志成ジムでオンライン公開練習を行った。

 前WBOアジア・パシフィック・フェザー級王者の森はスーパーフェザー級8回戦でプレスコ・カルコシア(26=フィリピン)との対戦。移籍初戦が1年2カ月ぶりの再起戦となる。「この1年は全体的なスキルアップを心がけてきたので、試合でそれを見せたい。もう一回、周りの人たちから“森武蔵、世界を狙える”と期待を抱いてもらえるような試合をしたい」と抱負を語った。

 カルコシアは10勝(9KO)1敗と勢いのある選手。映像を「2、3回見た」という森は「しっかりとしたボクシングもできるし、戦績通りにパンチもある選手」と相手の実力を認め、「ぼくが序盤に焦らず、しっかりボクシングを組み立てて結果的に倒せればいいですし、ポイント(判定)でも誰が見ても勝っていると分かるような試合をしたい」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年7月5日のニュース