×

朝倉未来や青汁王子と対戦した男が暴行被害…被害届提出「一方的に絡まれた。今回間違ったことしてない」

[ 2022年7月5日 19:22 ]

久保田覚のインスタグラム(@satoru_kubotaa)より

 昨年11月に行われた1000万円企画で朝倉未来と対戦した“会津の喧嘩屋”久保田覚(25)が5日まで自身のYouTubeチャンネルを更新。飲食店で暴行被害を受けて警察に被害届を提出していることを明かした。

 左まぶたを黒く腫らして絆創膏を付けた久保田は動画の冒頭で「見ての通り、怪我したんですけどぶっちゃけケンカではないんすよね。今回、手を出さなかったし、一方的に絡まれました。相手の人は全く知らない人で友達の知り合いみたいな感じです」と話し、病院の診断書も取って警察へ被害届を提出したと報告した。

 久保田は未来と1000万企画で対戦後に、今年3月に「青汁王子」こと実業家の三崎優太氏と総合格闘技大会「Breaking Down」で対戦して勝利した。「変な話、この行動がいいキッカケになったと思ったっす。未来さんや三崎さんなどいろんな人に与えてもらったチャンスをこんなとこで無駄にしたくないっていう気持ちがある。今さら“お前昔に色々やってきただろ”とコメントもらうし、法的処置とかダサいというコメントとかもらうんですけどその気持ちもわかります。でも今と昔では俺の考え方が違って状況も違うというのも事実です。俺は今回間違ったことしてないし、俺が問題でこうなってるんであれば100歩譲って法的処置とか言わないかもしれないですけど悪いと思ってない」と被害を強調した。

 そして今回の加害者関連の人たちと話し合いの場を設けるという。「それなりの対処はマジでしてもらおうかなと思います」と語った。

 今回の暴行被害は、新宿・歌舞伎町で友人2人と飲食してる時に起こったという。「別に自分は酔っぱらってるわけでもないし、生意気なことを言ったわけでもなくただ挨拶しただけだったんで。最初に1発、2発やられてそんぐらいだったら多分黙ってたと思うんですけどその後も3発、4発、5発と顔にヒザ蹴りをくらいました」と経緯を説明した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年7月5日のニュース