×

ボクシング女子東京五輪金・入江、カエル研究の道へ 大学院進学希望、8月に受験予定

[ 2022年6月27日 05:05 ]

女子最優秀選手賞を受賞した東京五輪金メダリストの入江聖奈
Photo By スポニチ

 ボクシングの東京五輪女子フェザー級金メダリスト、入江聖奈(21=日体大4年)が26日、大学院進学を目指していることを表明した。都内で開かれた日本連盟の年間表彰式に出席し、21年度の女子最優秀選手賞を受賞。今年限りで引退する意向を改めて示し、大好きなカエルをはじめとする生態系や環境問題を研究するため8月に受験を予定していると明かした。競技引退の理由を「(両立できるほど)研究もボクシングも甘くない。不器用なので」と説明。「カエルのために生き、カエルのために死ぬ人生のために努力していきます」と話した。

 11月の全日本選手権が引退試合となる見込み。代表に決まっていた杭州アジア大会が延期されたため11月はアジア選手権に出る可能性もあり「迷っています」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年6月27日のニュース