×

カネロVSゴロフキン 3度目対決は9月17日に決定 過去カネロの1勝1分け

[ 2022年5月25日 05:30 ]

ゲンナジー・ゴロフキン
Photo By 代表撮影

 ボクシングの4団体統一世界スーパーミドル級王者サウル・“カネロ”・アルバレス(31=メキシコ)とWBAスーパー&IBF統一世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(40=カザフスタン)の3度目の対決が、9月17日に行われることが決まった。英プロモート大手マッチルーム社とDAZNが24日、正式発表した。会場は未定で、今後発表される。両者は17年9月16日の初戦で引き分け、18年9月15日の再戦はカネロが2―0で判定勝ちしていた。3度目の対戦は、ゴロフキンがカネロの統一王座に挑む形となる。

 ゴロフキンは4月9日、さいたまスーパーアリーナで前WBA世界ミドル級王者・村田諒太(36=帝拳)に9回TKO勝ちして2団体王座統一に成功。一方のカネロは5月7日、米ラスベガスで1階級上のWBA世界ライトヘビー級王者ドミトリー・ビボル(31=ロシア)に挑戦し、0―3で判定負けしていた。元々9月17日で内定していたゴロフキンとの3度目の対決は微妙になったが、23日にメキシコで開かれた招待ゴルフ大会に出席したカネロが、ゴロフキン戦を先に行い、その後ビボルとの再戦に臨む意向を明かしていた。

 マッチルーム社のリリースでカネロは「最高のファイトをすることができて凄くうれしいし、誇りに思う。この試合も例外ではない」、ゴロフキンは「9月17日に会いましょう」とコメント。同社会長のエディー・ハーン氏は「カネロとGGG(ゴロフキン)の三部作はボクシング史上最大の戦いで、9月17日にこれが行われることを喜ばしく思う。お互いをひどく嫌っており、この信じられないシリーズを強烈なKOで終わらせたいと思っている2人だ。偉大な2人の王者による最高にスリリングな戦いで、最初のゴングから決着まで火花が散ると信じている」と期待を寄せた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年5月25日のニュース