×

谷口将隆VSメンデス対戦合意 WBO世界ミニマム級タイトルマッチ第2回入札中止

[ 2021年10月28日 14:06 ]

谷口将隆
Photo By スポニチ

 世界ボクシング機構(WBO)は27日(日本時間28日)、WBO世界ミニマム級王者ウィルフレド・メンデス(24=プエルトリコ)と同級1位の谷口将隆(27=ワタナベ)が対戦に合意したと発表した。この日、プエルトリコ・サンフアンのWBO本部で開催予定だった興行権の第2回入札は中止となった。試合の会場や日程は近く発表されるとしている。

 両者にはWBOから対戦指令が出され、今月20日に最低落札価格8万ドル(約908万円)で第1回入札が行われたが、入札者がなく、第2回は最低落札価格が4万ドル(約456万円)に設定されていた。

 谷口は2018年11月にWBOアジアパシフィック同級王座を獲得。19年2月に世界挑戦も判定負けしており、今回が2度目の世界戦となる。昨年12月に獲得した日本王座は今月18日付けで返上している。戦績は谷口が17戦14勝(9KO)3敗。メンデスは19年8月に世界王座を獲得し、2度防衛中。戦績はプロメンデスが17戦16勝(6KO)1敗。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2021年10月28日のニュース