元K-1王者の武居由樹、八重樫東氏の会社とマネジメント契約

[ 2021年10月25日 12:45 ]

武居由樹と八重樫東氏
Photo By スポニチ

 プロボクシング元世界3階級制覇王者・八重樫東氏(38)が代表を務めるP&M LAB.社は25日、大橋ジムに所属するプロボクサーの武居由樹(25)とマネジメント契約を結んだと発表した。

 元K―1ワールドGPスーパーバンタム級王者の武居は、昨年12月にボクシング転向を表明。大橋ジムで八重樫トレーナーの指導を受け、今年1月にプロテストに合格すると、3月のプロデビューから、ここまで2戦2勝2KO。今後はトップアスリートとしてさらに高みを目指し、リング内外で八重樫氏のサポートを受けることになる。

 武居は同社を通じて「この度、八重樫さんが代表を務めているP&M LAB.さんとマネジメント契約を結ばせていただきました。世界王者を目指し、さまざまな刺激をエネルギーに変え、一日一日強くなっていきたいと思います。応援、よろしくお願いします」と報告。八重樫氏は「トレーナーとして武居由樹を強くすることが自分自身の最大のミッションですが、リング外でも少しでもサポートしていければと思っています。皆さま、引き続きよろしくお願い致します」とコメントしている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年10月25日のニュース