拳四朗 V9へ強気「何もせず、圧勝って感じですかね」仕上げもしっかり

[ 2021年9月22日 05:30 ]

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ   王者・寺地拳四朗《12回戦》同級1位・矢吹正道 ( 2021年9月22日    京都市体育館 )

前日計量をパスした王者の寺地拳四朗(左)と挑戦者の矢吹正道(真正ジム提供)
Photo By 提供写真

 9度目の防衛を目指す王者・寺地は計量後に「ずっと食べたかったから、いいの買ってきました」とシャインマスカットを頬張り、笑顔を見せた。

 当初は10日に開催予定だったが、先月25日に新型コロナウイルス感染が判明して延期。隔離期間を含めて2週間ほど練習を休んだが、6日にジムワークを再開すると、しっかり仕上げてきた。「凄く良い感じで…。今、水分も取れて凄く元気になりました」と好調をアピール。地元・京都では初めての世界戦。展開を問われると「何もせず、圧勝って感じですかね」と強気に言い放った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年9月22日のニュース