カネロ、前日計量クリア「準備は出来た」 9日にサンダースと3団体統一戦

[ 2021年5月8日 09:30 ]

サウル・“カネロ”・アルバレス(AP)
Photo By AP

 プロボクシングWBA・WBC・WBO世界スーパーミドル級王座統一戦の前日計量が7日(日本時間8日)、米テキサス州アーリントンで行われ、WBA&WBC統一王者の“カネロ”ことサウル・アルバレス(30=メキシコ)はリミット(76.2キロ)を300グラム下回る75.9キロ、WBO王者ビリー・ジョー・サンダース(31=英国)は100グラムアンダーの76.1キロでパスした。

 試合は8日(日本時間9日)にNFLカウボーイズの本拠地であるAT&Tスタジアムで開催される。マッチルーム社のエディー・ハーン代表はチケット販売が7万に達し、78年9月に行われたモハメド・アリ対レオン・スピンクスの6万3352人を超える米ボクシングでの屋内観客数最多記録を更新する見通しであることを明かしている。

 カネロは「ビッグファイトへ向けて準備は出来ている」と自信を示し、サンダースは「全てのベルトを持ち帰るために来た」と意気込みを語った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年5月8日のニュース