高山勝成は王者ソトとともにパス WBO世界ライトフライ級タイトルマッチの前日計量

[ 2021年5月8日 06:00 ]

<WBO世界ミニマム級タイトルマッチ>前日計量をクリアした高山勝成(高山陣営提供) 
Photo By 提供写真

 プロボクシングのWBO世界ライトフライ級(リミット108ポンド=48・97キロ)タイトルマッチ12回戦(8日、米テキサス州アーリントン)の前日計量が7日(日本時間8日)に開催地で行われた。現地の高山陣営によると、王者エルウィン・ソト(24=メキシコ)は107・8ポンド(48・89キロ)、挑戦者で同級11位の高山勝成(37=寝屋川石田)は107・6ポンド(48・80キロ)でクリアした。

 16年8月以来、約5年ぶりの世界戦へ臨む高山は「無事に計量クリアできて安心しました。明日の試合でベストを尽くし、世界タイトルを奪取します」とのコメントを寄せた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年5月8日のニュース