“浪速のロッキー”長男・赤井英五郎、デビュー戦の相手決定!東日本新人王組み合わせ発表

[ 2021年4月17日 15:54 ]

ボクシングの赤井英五郎(2019年撮影)
Photo By スポニチ

 東日本ボクシング協会は17日、2021年度東日本新人王トーナメント12階級の組み合わせをSNSで発表した。組み合わせ抽選会は16日に行われ、日時や会場は後日決定される。

 ミドル級には、元プロボクサーで現在は俳優、タレントとして活躍する“浪速のロッキー”こと赤井英和(61)の長男・英五郎(26=帝拳)もエントリー。1回戦で岡村弥徳(23=八王子中屋)と対戦することが決まった。大学進学後にボクシングを始めた英五郎はプロ転向を決意し、今年1月から名門・帝拳ジムに所属。新人王予選でのプロデビューを目指して練習を続けている。

 対する岡村は5月22日にデビュー戦を予定している。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年4月17日のニュース