京口、3度目防衛へ自信「面白いファイトできれば」 3・13米デビュー戦

[ 2021年3月6日 05:30 ]

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ   スーパー王者 京口紘人《12回戦》同級10位 アクセル・アラゴン・ベガ ( 2021年3月13日    米テキサス州ダラス )

渡米前の成田空港で米ダラス行きの搭乗便を指さす京口紘人(ワタナベジム提供)
Photo By 提供写真

 3度目の防衛を目指すスーパー王者の京口紘人が5日、テキサス州ダラスに向けて出発した。

 成田空港でリモート取材に応じ、当日のビザ取得という慌ただしい旅立ちにも「陣営を信頼しているので僕自身はトレーニングに集中できました」と笑顔。減量も残り2・4キロで「現地では体重調整とコンディショニングが中心」と仕上がりに自信を示した。前夜にはWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27=大橋)から激励のLINEが届き「リングに上がれば同じ」と助言をもらった。現地ホテルにはダラス日本人会から食材の差し入れが届くなど米デビュー戦への期待は大きい。京口は「面白いと思ってもらえるファイトができれば」と米国のファンにアピールすることを誓った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年3月6日のニュース