日本プロボクシング協会とJBC、PCR等の検査を前々日に前倒し 実施回数も義務付け

[ 2020年12月2日 05:30 ]

ボクシング興行の後楽園ホール
Photo By スポニチ

 日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会は1日、オンラインで新型コロナウイルス対策連絡協議会を開き、これまで試合前日に行っていたPCR等の検査を前々日に前倒しし、さらに世界戦に関しては3度、日本や東洋太平洋などの地域タイトルは2度の実施を義務付けることを決めた。

 今月20日以降の興行から適用される。感染拡大が続く中、JBCの安河内剛事務局長はスポーツ庁からガイドライン順守を要請されたことを明かし、違反行為が相次ぐ場合には試合中止や興行自粛も視野に入れた厳しい姿勢で対処する方針を示した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年12月2日のニュース