東京都内のジムでプロ選手1人の陽性確認

[ 2020年12月2日 17:55 ]

 日本ボクシングコミッション(JBC)は2日、日本プロボクシング協会(JPBA)に加盟する東京都内のジムでプロ選手1人が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。

 感染が確認されたのは30歳代男性で、先月27日に知人の濃厚接触者として検査を受け、29日に陽性と判定された。現在は頭痛、発熱の症状があるとしている。なお、ジム内には濃厚接触者はいないという。

 JBCは個人情報保護の観点から個人名やジム名を公表していない。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年12月2日のニュース